米ぬか100年美容でつるつるすべすべ肌へ!肌を洗い、磨き、整える「美人ぬか」新発売

2022年09月01日

お顔も身体も、つるすべ肌へ

「美人ぬか」は、米ぬかうるおい成分やクレイ等の洗浄成分を木綿袋に詰めたぬか袋(※)です。水分を含ませてやさしくお肌をなでるだけで古い角質を落としキメを整え、くすみ(※※)知らずの 「つるつるすべすべ肌」へ導きます。お顔だけでなく身体にも使え、特にざらつきが気になるひじ、ひざ、かかとへのご使用もおすすめです。

※ぬか袋タイプの洗身・洗顔料

※※古い角質による

「美人ぬか」の3つの米ぬかうるおい成分

1 うるおいを保つコウノトリ米ぬかエキス

コウノトリ育む農法【特別天然記念物・絶滅危惧種「コウノトリ」も住める、安全なお米と生き物を同時に育む農法】で栽培されたお米を厳選し、開発したオリジナル米ぬかうるおい成分です。保湿作用をはじめ、お肌のハリ・しなやかさを保つエイジングケア(年齢に応じたお肌のうるおいケア)効果が期待できます。

2 乾燥から肌を守る米ぬかセラミド

セラミドは、人の肌表面にある角質層が十分にバリア機能を発揮するために必要な細胞間脂質の主成分。乾燥やダメージで失われ、加齢にともなって減少します。米ぬかセラミドは、失われたセラミドの代わりとなり、角質層の水分を保持し、外的刺激から素肌を守るので乾燥や肌あれを防ぎ、うるおいのある素肌を保ちます。

3 素肌力をサポートするコウノトリ米ぬか発酵液

コウノトリ育む農法【特別天然記念物・絶滅危惧種「コウノトリ」も住める、安全なお米と生き物を同時に育む農法】で栽培されたお米の米ぬかに酵母を加え、発酵させて得られるオリジナル米ぬかうるおい成分です。しっとりみずみずしいお肌に導きます。

こだわりのオリジナル木綿袋

木綿袋は織り方にこだわったオリジナルの特注品。このオリジナル木綿袋と米ぬかうるおい成分の組み合わせが「つるつるすべすべ肌」をつくるポイントです。肌をなでるようにすべらせて肌表面の古い角質を落としながらうるおいを与え、なめらかな肌に導きます。

一つひとつ、手縫いで

1894年(明治27年)、天然の米ぬかの腐りやすい点などを改良した「ぬか袋」を「美人ぬか」と名付け全国に先駆けて商品化しました。それ以来、現在も使用時の肌あたりを十分に考慮した製法で、熟練の技術により一つひとつ手縫いで仕上げています。手間ひまをかけ、心を込めてつくる伝統のクラフトコスメです。

 いつの時代も、米ぬかの恵みで美しく健やかに

「米ぬか」は 玄米を精米したときに出る果皮や種皮、胚芽などの部分。米ぬかには玄米の栄養の多くが含まれ、アミノ酸、ビタミンE・B群、多糖類や米ぬか油などの成分を豊富に含有しています。日本では古来から、米のとぎ汁で髪をゆすぐ、米ぬかで肌を洗うなど、栄養豊富な米ぬかを美容にも利用してきました。そのやさしさと優れた効果は、現代でも多くの方に親しまれています。

株式会社リアルは「美人ぬか本舗」として1894年に創業して以来、古来から親しまれてきた米ぬか美容の研究と開発に努め、米ぬかの恵みを活かした製品づくりに取組んでいます。

創業当時から大切にしている理念は「商品に心を」。

社会状況や生活様式に変化はありますが、今後も安心安全な商品づくりで母から子、その先へ愛され続ける存在を目指し、日本のお米文化と共に、米ぬか美容法を未来に伝えてまいります。

【商品概要】

商品名:美人ぬか

使用方法:水やぬるま湯の中で軽くもみ、中まで水分をよく含ませ、ごしごしとこすらずに軽くマッサージする要領でお肌をなでるようにすべらせます。 その後、お湯などでお肌を充分に洗い流してください。

○ご使用後の「美人ぬか」は軽くしぼり水気を切り、石鹸置き等に置くかハンギングピンチを利用して吊るすなどしてください。

○中身がなくなるまで繰り返しお使いいただけます。

○顔のみで約3週間、全身の場合は約2週間お使いいただけます。

○「美人ぬか」に洗浄成分は入っていますが、石鹸や洗顔料で汚れを落とした後のお肌を磨き、整える仕上げとしてお使いいただくことをおすすめいたします。

容量:50g

価格:528円(税込)

販路:全国のドラッグストア、バラエティストア、ECサイト等

公式通販サイト「美人ぬかストア」商品ページ:

https://store.bijin-nuka.com/product/bijinnuka/

【会社概要】

商号:株式会社リアル

所在地:兵庫県神戸市兵庫区御所通1-3-18

創業:1894年「美人ぬか本舗」として創業

代表取締役社長:久保 尚子

公式通販サイト(美人ぬかストア):https://store.bijin-nuka.com

新着情報