「時代を超えて、良いものは良い」をコンセプトに、スプリングコペンハーゲン社が発掘と再生を手がける、隠れた名作をご紹介

2017年04月11日

スプリングコペンハーゲン社の使命
スプリングコペンハーゲン社は2015年に設立されたデンマークの会社です。
デンマーク国内には、新旧問わず、機能性と特徴的なフォルムを兼ね備えた製品で、もっと注目を浴びるべきデザインプロダクツがいくつも存在します。スプリングコペンハーゲン社はそれらに焦点を当て、その価値や魅力をみなさまにお伝えできるう努力を重ねております。
そしてその努力の結果、「時代を超えて、良いものは良い」をコンセプトに、スプリングコペンハーゲン社が発掘と再生を手がける、隠れた名作をご紹介できることとなりました。
再び息吹きが吹き込まれたこれらの商品を存分におたのしみください。
一方で、若手デンマーク人デザイナーとのコラボレーションもスプリングコペンハーゲン社が進めるプロジェ クトのひとつです。現代的な視点とアイディアで創造される製品の開発によって、新しいデンマークデザインの世 界を築いていくことも大切な使命であると考えています。

ディテール、雰囲気がなにもかもかわいいペッパーバード(品番SC-01)



はじめて「ペッパーバード」が発売されたのは 1950年代後半でした。デザインを手がけたTonn-P (1925-2004)は、ペッパーミルとしての機能を持ちな がら、ダイニング空間を楽しませてくれる製品を作 りたいというアイディアを元に、この愛くるしい表 情の小鳥を世に送り出しました。そして、2015年、 Tonn-Pの家族の協力を仰ぎ、スプリングコペンハー ゲン社が復刻をいたしました。木ならではの温も りを感じながら、ペッパーミルとして使用しない 普段は、お部屋の飾りとして可愛らしさを振りま いてくれることでしょう。

まだまだ多くの北欧雑貨・製品がみれますが、はじまったばかりの店舗ですので見た事もないアイテムがたくさんある点も魅力的。

取扱店舗
デンマークの「スプリングコペンハーゲン」というブランドを日本市場にて展開することとなりました。
古くはミッドセンチュリーの頃から比較的最近のものまで、一度は日の目を見たものの何らかの理由で忘れ去られた名作を再び蘇らせるというコンセプトはユニークかと思われます。
https://www.facebook.com/springcopenhagenjapan/
今はFBだけのようですが、今後のWeb展開に期待しつつチェックすべきブランドですね。

新着情報