累計販売数143万枚突破のヒット文具、窓シリーズに“ミッフィー”が初登場 窓の仕掛けでミッフィーの表情や色が変化する「窓ぽち袋」「窓のし袋」

2022年09月16日

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、当社の人気の窓シリーズに『窓ぽち袋 ミッフィー』<全3種、 希望小売価格330円(税込)>と『窓のし袋 ミッフィー』<全3種、 希望小売価格352円(税込)>が登場、2022年10月26日(水)に新発売します。
 当社が展開する窓シリーズは、かつてマルアイでも製造していた“事務用の窓付き封筒”から着想を得て、窓から覗く色が変わる仕掛けを付加した封筒のシリーズです。封筒の中の添紙(そえがみ)を自由に差し替えることで、封筒本体にあいた窓から見える色が変化します。2020年2月に第1弾となる「窓ぽち袋」を発売し、その後、のし袋やお年玉袋、さらにはカードなどを展開、これまでにシリーズ累計143万枚を販売しました。そんな人気のシリーズに、この度、“ミッフィー”のデザインが新登場します。
ミッフィーは、オランダの絵本作家ディック・ブルーナが描いた絵本の主人公です。2020年に生誕65周年を迎え、今なお子どもから大人まで幅広い世代の方に愛されています。

『窓ぽち袋 ミッフィー』『窓のし袋 ミッフィー』は、ミッフィーの可愛らしさとともに、シリーズの特徴であるユニークな仕掛けで楽しさを贈ることができるぽち袋とのし袋です。ミッフィーの形に窓があいた封筒から添紙を引き出すことでミッフィーの表情や色が変化します。気持ちを贈るだけでなく、ミッフィーの表情の変化で相手との楽しいコミュニケーションを生み出します。
デザインはシンプルながら、風合いのある紙を使用し上品な雰囲気です。表書きとミッフィーの輪郭に施した箔の輝きが特別感を演出します。
表書きは、感謝の気持ちを伝えられる「ありがとう」、ちょっとしたときに気軽に贈れる「ほんのきもち」、どんな場面でも使用できる「字なし」の3種類です。それぞれ、折らずにそのままお札を入れられるのし袋と、三つ折りにしたお札を入れられるぽち袋の2サイズを展開します。

添紙を引き出すとミッフィーの表情と色が変化します
添紙を引き出すとミッフィーの表情と色が変化します
製品名:窓ぽち袋 ミッフィー/価格:330円(税込)/種類:3種(字なし、ありがとう、ほんのきもち)/内容:2枚/製品寸法:65×110mm
製品名:窓のし袋 ミッフィー/価格:352円(税込)/種類:3種(字なし、ありがとう、ほんのきもち)/内容:2枚/製品寸法:83×168mm
製品詳細ページ:https://maruai.co.jp/stationery/madopochibukuro_…oshibukuro_miffy/

マルアイについて

1888(明治21)年創業。山梨県市川大門に本社を構え、祝儀袋や事務用封筒などの日用紙製品と、食品や精密機器を保護するための産業用包材を製造・販売しています。中でも祝儀袋・不祝儀袋は合わせて約500種類以上を展開し、業界で高いシェアを占めています。「こころ くらし 包む」をモットーに、みなさまの暮らしを豊かにする製品を提供しています。https://maruai.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マルアイ 広告宣伝課
E-MAIL:pr@maruai.co.jp
TEL: 070-7416-9988(宮﨑) 070-7416-9987(安村)

記事提供:@Press

新着情報