【豆知識あり】めちゃくちゃおしゃれ!イタリアの伝統的な固焼きビスケット、ビスコッティに挑戦できちゃう

2016年02月01日

もともとお菓子、つくってみようと思ってはいたけれど機会がなかった、そんなあなた。

バレンタインはちょっと別のものに挑戦してみようと思っているアナタ。

チャンスです?!

そんなあなたへおすすめしたいのが、こちらのびん。えっ、これって…?これは美味しさと、しあわせな時間がたっぷりつまったびんなんです。

実はこの地層のようにつめられているものは、イタリアの伝統的な固焼きビスケット、ビスコッティの材料なんです。


普通のクッキーやビスケットよりも作るのが難しそうな、イタリアの伝統菓子ビスコッティ。ですが、この1本さえあれば、誰でも手軽に本格ビスコッティに挑戦することが出来るんです。

そんなイタリアンビスケットを、計量不要でつくれるのがこちら。

あと用意するのは卵だけ。ぜんぶ混ぜてオーブンで焼いてください。カリッとした歯ごたえで、ナッツやフルーツなど具だくさんなお菓子ができあがります。


作り方はとっても簡単、瓶に入った材料に、卵を加えて焼くだけ。

ナッツや雑穀など、普段あまり使わない材料の準備も、計量の手間もなし。

気が向いた時に気軽にビスコッティ作りを楽しめます。

また、卵、バター、生クリームなどでアレンジすれば、パウンドケーキやスコーンを作ることも。

五穀&チョコチップ、五穀&クランベリーの2種類です。

計量不要なところは、お菓子づくり初心者はもちろん、経験者でも失敗にしにくい嬉しいポイントです。

急な来客時でも、コーヒーに合わせて手作りお菓子でおもてなしが出来ますね。

作ったビスコッティを瓶に入れて、ギフトとしても喜ばれそうです。バレンタインにアレンジして作ってみるのも

豆知識

ビスコッティはイタリアの伝統的なお菓子。

本場イタリアでは、コーヒーやワインにひたして食べるのが一般的なんだとか。材料、製法からわかるようにノンオイルなのも魅力。

また焼き具合でお好みの食感に仕上げられます。2度3度と焼き入れて、硬さを加減して…香ばしく焼きあがるまでの時間からたっぷりと楽しめます。

伝統的でゆったりと味わえる、まさにスローフードなお菓子なんです。

取扱店舗

アールト

新着情報