インテリア雑貨 セレクトショップが展開する「いざ!に備える防災グッズ」

2018年10月01日

毎年訪れる台風や、突然のゲリラ豪雨や地震
いつ訪れるかわからない災害への対策は、どれだけ事前に備えられるかが安心のカギ。

自宅避難や地域の避難所で過ごす時間など、様々なパターンを想定して“本当に用意しておくべき”アイテムが展開、購入可能です。

まずは保存食

※上記画像はスクリーンショット

いつでもおいしい!どこでもおいしい!」をコンセプトに、味にもパッケージにもこだわった新しい備蓄食「IZAMESHI」。 「IZA(イザ)」という言葉には、非常時だけでなく風邪を引いて出かけられない時など、日常のいざという時という意味も込められています。

火の使えない災害時に役立つ保存食としてはモチロン、夕食を作る気力もないほど忙しかった日にもIZAMESHIでホッと一息。 困った人やつい頑張りすぎてしまう人を、様々な味わいで癒やしてくれる、そんな存在の新感覚保存食なんです。

保存食はダメになるから買わない。もったいない。という意識を持つ方がまだまだ多いのですが、それらはそれなりの理由があったからだと思っています。
今回、アンジェさんが提案するものは防災の意味だけではなく、日常的におこりうる体調の変化なども考慮されたもの。
「自分は大丈夫」という考えが一番危険。とも防災ではよく言われる事ですが、備えあれば憂いなし。というのがまさにこれ。

そして気持ちが不安になってしまう明かり。

※上記画像はスクリーンショット

企業であればUPSなど当たり前かもしれません。そして常に使うものではないと非常食同様の感覚をなくしてくれるグッズデザインであれば常に危機意識をもたなくとも自然に日常生活にリスク管理ができるようになりますね。

他にも様々な防災グッズが展開されていますので、起こらないと備えない。という感覚をなくし、少しでも安全で快適な暮らしを担保できるように検討されてみてはいかがでしょうか。

アンジェ
https://www.angers-web.com/

新着情報