キャンプシーンで今話題の自分で作るナイフキットに、最短5分で作れるカンタン組立キットが新登場!

2019年03月02日

金物の街「播州三木」にて120年以上の歴史を誇る大工道具の老舗メーカー、神沢鉄工株式会社が、2016年9月に販売を開始したハンドルを削って作る料理用ナイフキット「It’s my knife folding」。
このたび、ハンドルとブレードをネジ止めして組み立てるだけ、最短5分で製作することができる新商品『It’s my knife folding Easy』が、2019年3月1日(金)からオンラインショップ『FEDECA KNIFE STYLE STORE』他、全国の小売店にて販売スタート。

It’s my knife folding Easy キット内容

ハンドル材に面取り加工が施され、組み立てるだけで完成。

1.コンセプト
アウトドアが好きな30~40歳台男性をメインターゲットとし、塗装やウッドバーニングといったカスタマイズを楽しむことを主眼においた、今までにない全く新しいコンセプトのナイフキットです。

オイルを塗布したり、

塗装や彫刻を施したり、

付属の紙やすりで丸みをつけるのもOK!

2.実用性の高いナイフがより手軽に。
携帯性に優れ、包丁、ステーキナイフ、バターナイフとしてアウトドアでの調理シーンにマルチに活躍、ばらしてメンテナンスもできる実用性の高さが人気の「It’s my knife folding」が最短5分で製作でき、自分好みにカスタマイズできる。

包丁に近い感覚で食材をカットできるよう持ち手が工夫されています。

バターナイフとして…

そしてステーキナイフとして。アウトドアでの調理シーンに大活躍。

3.リリースのポイント

①誰でも手軽に楽しめるように
従来のシリーズでは、ハンドル木材を削って製作する必要があり、刃物に不慣れな方にとって、購入に至るまでのハードルが高いものでした。今回、ハンドル材と刃をネジ止めして組み立てるだけでナイフが完成できるモデルをリリースしたことで、より多くの皆様に楽しんでいただけるようになりました。

②選べる楽しさ
Easyレベルの発売と共に、ハンドルを削って作る従来製品のリニューアルも実施。今まであったレベルによる価格差をなくしたことで、商品選択がしやすくなりました。

従来製品(リニューアル後)との比較


It’s my knife folding のハンドル材。 左から Advanced(上級) Standard(中級) Easy(初級)。

4.「作って楽しむ」をより身近に

刃物に親しみを持ってもらいたい。凶悪な事件により、刃物の負の側面がクローズアップされることが多い中、楽しくてポジティブな印象を持ってもらえるナイフを作りたい。そんな思いでお届けしてきた、ハンドルを削って作るナイフキット『It’s my knife』シリーズ。「削るは楽しい」をコンセプトに、モノづくりの楽しさや、自分だけのオリジナルに仕上げていく喜びをたくさんのお客様と共有してまいりました。
一方、刃物に不慣れな方にとっては、木材を削ってハンドルをつくるのは大変だと感じる方も多く、購入に至るまでハードルの高い商品となっておりました。このIt’s my knife Easyを通じてカスタマイズする楽しみをより多くの皆様と共有出来たらとても嬉しいです。

5.商品情報

It’s my knife folding Easy
持ち手のカスタマイズを楽しむ料理用ナイフキット
希望小売価格 4,800円(税別)


キット内容

ナイフブレード 1枚
ハンドル材料 1組(2枚)
ワッシャー 2枚
皿バネ 2枚
平行ピン 1本
組ねじ 2組
板ドライバー 1枚
サンドペーパー(#120、#240) 各1枚
説明書


FEDECA公式オンラインストア「FEDECA KNIFE STYLE STORE」他、
全国の販売店にて2019年3月1日より順次販売開始。

FEDECA KNIFE STYLE STORE

https://www.rakuten.ne.jp/gold/fedeca/

※同時発売※

It’s my knife craft Easy
持ち手のカスタマイズを楽しむ木削り用クラフトナイフキット
希望小売価格 3,600円(税別)

新着情報