【置くだけで害虫シャットアウト!】植物や家庭菜園を守るお手入れ簡単な便利グッズをご紹介

2019年06月07日

今、若い方からご年配の方まで、幅広く支持されているガーデニングや家庭菜園。

プランターに土を入れて、種や植物を植え、毎日大切にお手入れ。

新しい葉が大きくなったり、花が咲いたり、植物の成長を見るのは楽しいですよね♪

ですが、せっかく大切にお手入れしても、植物には強敵がいっぱい!!

たとえば、太陽の熱によって根腐れを起こしてしまったり、害虫によって葉が食べられてしまったり…。
せっかく大切に育てたのに!と悲しい想いをすることも…。

植物を守るために何をしたらいいのか…。
いろいろと試行錯誤する方も多いのではないでしょうか?

そんな方にぜひ知っていただきたい。
今回は植物への被害を抑えるアイテムをご紹介いたします♪

この上に置くだけで格段に被害を小さくできる「プランターベース」

プランターベースとは


プランターや植木鉢をその上に乗せることにより、害虫や地面の熱などから、植物を守ることができる便利なアイテムです。

「え、本当にこの上に置くだけで被害を小さくできるの?」

そう思われた方に、ぜひ知っていただきたい!

プランターベースの便利さ!

なぜ、置くだけで被害を小さくできるのか。

・・・理由はなんと「高さ」!

実は害虫や根腐れの原因の大半は、プランターを地面直に置くことにあります。

それが、プランターベースの上に置くことにより、地面との間に空間ができます。

地面との間に空間ができると、こんなメリットが!

①高さができるため、虫が登りにくくなり、葉や茎を害虫から守ることができます。

②通気性・排水性が良くなり、地面からの照り返しの熱をこもりにくくし、根腐れを防止することができます。

日光は植物には欠かせないもの。

でも、プランターを地面の直に置くと、その熱により根腐れを起こすことも多々あります。

プランターベースの上に置くだけで、その被害を格段に抑えることができるのです!

プランターベースの便利さ、少しでも伝わりましたでしょうか…?

優れた耐久性と機能性

長持ちする耐久性の優れたPE(ポリエチレン)コーティング


耐水性にすぐれているため、お水をたっぷりあげても大丈夫♪

植物を守れたとしても、そのアイテム自体が日光や水に弱く、劣化が早かったりすると意味がないですよね。

PEコーティングは、フェンスや配管などにも使用されているコーティングで、サビにくく、耐水性、耐候性、耐薬品性に大変優れています。

このコーティングにより、より長く、活用することができます!

場所をとらず、サイズ調整可能

また、アイテムによっては、プランターのサイズを変えると、使用できなくなってしまったり、場所を取って、せっかくおしゃれな庭を台無しになんてことも…。

ご紹介のアイテムは、シンプルなデザインで、様々なプランターに対応しています♪
これで大切な植物も安心♪

大切な植物のためにも、ぜひプランターベースをご活用ください♪

コモライフ プランターベース2セット(4個組) スタンド

新着情報