コロナウイルスに負けない!「アマビエあぶらとりがみ」を販売

2020年07月31日

印刷会社(株)ニシキプリントが運営する安芸ん堂は、このたび新商品「アマビエあぶらとりがみ」の販売を開始しました。

「アマビエ」とは、江戸時代後期に現在の熊本県の海中から現れたとされる半人半魚の妖怪で、「もし疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言ったと伝えられています。
新型コロナウイルスが国内で広がり始めた2月末頃にインターネット上で公開されたイラストが話題となり、厚生労働省が考案した啓発用アイコンにも使用されています。

この「アマビエ」イラストをパッケージに採用した「アマビエあぶらとりがみ」が、安芸ん堂ショップに仲間入りしました。
安芸ん堂が企画し、運営会社ニシキプリントの関連団体で障害者就労支援事業所である東広島自立支援センターあゆみで働く障がい者の皆さんに制作を委託したものです。
これまでのあぶらとりがみと同様、パッケージには広島平和公園の千羽鶴から再生された折鶴再生紙を使用しています。

マスクを着用する時間が長くなって顔のあぶらが気になる今年の夏、「アマビエあぶらとりがみ」が、あなたとあなたの大切な人をウイルスから(そしてあぶらからも)守るプチお守りとなること請け合いです。
そして、アマビエの力で一日も早く新型コロナウイルスの流行が終息に向かうことを、安芸ん堂スタッフ一同願っております。

商品概要

コロナウイルスに負けない!「アマビエあぶらとりがみ」を販売
アマビエあぶらとりがみ

サイズ:横80mm×縦80 mm×厚み2mm
内 容:国産あぶらとりがみ50枚入り
パッケージには折鶴再生紙を使用
売 価:430円(税込)
取扱い:安芸ん堂ショップサイトで販売

https://www.akin-do.com/shop/products/detail.php?product_id=843

ショップ概要

店名:安芸ん堂
運営開始:平成27(2015)年4月
アドレス:https://www.akin-do.com/
コンセプト:「広島から、いいモノ・いいコトを発信していきます。」
まだまだ知られていない「広島のいいモノ・いいコト」を掘り起こし、企業の垣根を超えて連携・発信してくことで、地域・地方の活性化に繋げたいと考えています。

新着情報