日本古来の知恵を活かした『焼杉』のウォールパネルを取り扱い開始 【ナカムラ・コーポレーション】

2022年04月12日

木質系フローリングのネット販売会社ナカムラ・コーポレーション(本社:兵庫県芦屋市、サイト名:無垢フローリングドットコム)は、2022年 4月1日より、杉材に表面処理を施した『焼杉』ウォールパネル(内壁・外壁用)の取り扱いを開始しました。

古来より、西日本を中心に広く使用されてきた『焼杉』。杉板を焼いて炭化させることにより、難燃性・防腐性を持たせ、耐久性を向上させるという先人の知恵のひとつで、主に外壁用として重宝されてきました。近年では、その意匠性からも改めて注目を集めています。

このたび無垢フローリングドットコムでは、その『焼杉』の技法を活かしたウォールパネルの取り扱いを開始しました。伝統的な『三角焼き』製法では、厚い炭化層が形成され耐久性が高い反面、表面が剥落しやすいというデメリットがあるため、『バーナー焼き』で製造したものを採用しています。表面の剥落が軽減し、加工性・施工性が向上するというメリットがある一方、『三角焼き』ほどの防腐性・耐久性が得られないため、安全な水性塗料を使用した着色仕上げでの御提供となります。

【商品概要】
商品名:国産杉 焼杉ウォールパネル 通常品 (ナチュラル色/ブラック色)
商品番号:BSW1N(ナチュラル色)/BSW1B(ブラック色)
商品寸法:11mm × 150mm × 2970mm (1ケース 11枚≒4.9m2入り)
表面塗装:着色水性塗料仕上げ
販売単価:@¥5,000/m2(送料・消費税別)(ナチュラル色/ブラック色 共通)
URL(1): https://www.muku-flooring.com/3sugi-wallpanel-natural/ (ナチュラル色)
URL(2): https://www.muku-flooring.com/3sugi-wallpanel-black/ (ブラック色)

【特徴】
・表面を焼き、炭化させることにより、耐久性と意匠性を高めたウォールパネル。
・節の多い『通常品』ながら、炭化と着色塗装により統一感のある重厚な趣を演出。
・『バーナー焼き』により、伝統的な『三角焼き』よりも加工性・施工性に優れる。
・安全な水性塗料の使用により、内装用としても使用可能(※ 色移り注意)

【会社概要】
会社名:株式会社ナカムラ・コーポレーション
代表者:代表取締役社長 中村有司
所在地:(本社)兵庫県芦屋市茶屋之町2-22-1F
TEL:0797-32-5191
FAX:0797-32-5192
URL: https://www.muku-flooring.com/ (サイト名:無垢フローリングドットコム)
E-Mail:mail@muku-flooring.com

【本件に関する問い合わせ】
会社名:株式会社ナカムラ・コーポレーション
担当者:代表取締役社長 中村有司
TEL:0797-32-5191
FAX:0797-32-5192
E-Mail:mail@muku-flooring.com

新着情報