北欧らしいノスタルジックなイラストや絵柄が人気のブランド

2015年02月17日

今回ご紹介するブランドはHelmi(ヘルミ)
コンセプトにもあるように、Helmi(ヘルミ)とはフィンランド語で『真珠』の意味をさすそうです。
しばしば女の子の名前としても用いられれる事もあり、フィンランドではフェミニンなやさしい響きの単語に。
真珠のイメージから来た異称で「特別に良いもの」「ずば抜けて優れたもの」を指すことも。
北欧らしいノスタルジックなイラストや絵柄が人気のブランド
Helmi(ヘルミ)コンセプトページ
北欧らしいノスタルジックなイラストや絵柄が人気のタオルブランドですが、ヘルミのタオルを織っているのはあの今治タオルの職人さんたちでもあるそうです。

日本とのつながりを非常に感じますが、このブランドのデザイナーでもあるNaoto Niidome(新留 直人)さんはフィンランド、ヘルシンキ生まれでフィンランド人の母と日本人の父を持ち、少年時代まで鹿児島で過ごしています。

ヘルミタオルの人気の理由としては加工の行程や糸の選定など様々ありますが、タオルにつけられた名前もユニークですので素材や質感だけではなく、ひとつひとつのタオルがつくられたコンセプトも楽しみながら生活に利用すると愛着がわきそうです。
marjapuu(マリヤプー)
marjapuu(マリヤプー)

宝石のように光り輝く、ベリーをたたえる木。
あまり大きい果実が実らない北欧では重要な存在。
キッチンタオルを除いた商品には弊社オリジナルの毛羽の出にくい糸、「F90」を使用。

nuppu(ヌップ)
nuppu(ヌップ)

NUPPU(蕾)ヌップとは蕾の意味。
花を題材にした夏の楽しい雰囲気を一杯にアピールした図柄。
優しく温もりのあるデザインは、北欧の大自然をも連想させてくれます。

Helmi(ヘルミ)オフィシャルサイト
http://helmi.fujitaka.co.jp/home.aspx

新着情報