デンマークデザインの巨匠、フィン・ユールの展覧会が7/23より 東京都美術館の開催と連動してdesignshop azabuで開催

2022年07月06日

株式会社designshop(本社:東京都港区南麻布、代表取締役:森 博)は、東京都美術館の企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」〔会期:2022年7月23日(土)~10月9日(日)〕の開催に合わせて、東京都港区のdesignshop azabuにて、フィン・ユールがデザインしたプロダクトとデンマークの日用品デザインを紹介する展覧会を開催いたします。

「フィン・ユールとデンマークの日用品デザイン」

-ARCHITECTMADEのプロダクトから-

FINN JUHL AND DANISH DESIGN -Classics from ARCHITECTMADE-

展覧会公式サイト: https://www.designshop-jp.com/finnjuhl

《Teak Bowl(Salad Bowl / Fruit Bowl)》フィン・ユール(1951)

デンマークを代表するデザイナー、フィン・ユールは、家具職人ニールス・ヴォッダーとの協力関係のもと、1940年代に《イージーチェア No.45》、《チーフテンチェア》など、代表作となる椅子をデザインします。1950年代はアメリカへと活動の場を広げ、国連本部ビルの信託統治理事会議場のインテリアと家具デザインを手掛けるなど、世界を舞台に活躍しました。

家具、インテリアデザイナーとして幅広く活躍したフィン・ユールですが、日用品のデザインも手がけているのはあまり知られていないかもしれません。

本展では、デンマークの名作プロダクトの復刻を数多く手掛けるアーキテクトメイド社の製品より、フィン・ユールがデザインした日用品と、彼が活躍した時代と同時期のデンマークのデザインを紹介します。

カイボイスンカトラリーの金型や、製作途中の《PK-Bowl 620》(1963年)などをご覧いただき、各メーカーの技術力の高さを実感していただける機会となるでしょう。

フィン・ユール

会場では、アーキテクトメイド社が復刻した《チークボール》(1951年)を中心に、フィン・ユールのデザイン美学を体現した日用品を展示し、ご予約にて販売いたします。《チークボール》は、オーダーを受けてから木材をカットし、ひとつひとつが職人の手によって削り出され、磨き上げられて完成します。フィン・ユールの椅子のアームにも通じる有機的な曲線を持ち、名作家具と並ぶ代表作といわれています。

フィン・ユールがデザインした《ターニング・トレイ》(1956年)、《ウォールクロック》(1950年)のほか、同時代に活躍したデンマークデザイナーの木製オブジェ等、会場内で展示するプロダクト、家具はいずれもご購入可能です。また、インテリアデザイン・プランニングを手掛けるFILE( https://file-g.com )によるポップアップ販売も同時開催し、フィン・ユール家具の予約販売を承ります。今回は《NV-46 アームチェア》(1946年)を展示し、《108 チェア》(1946年)には実際にお座りいただくことも可能です。

コーヒーマシンブランド「JURA」で淹れたコーヒーをご試飲頂きながらフィン・ユールに関する書籍をご覧いただけるコーナーもございますので、フィン・ユールの世界をゆっくりとご堪能ください。

《Teak Bowl(Salad Bowl / Fruit Bowl)》フィン・ユール(1951)  2

■開催概要

展覧会名:「フィン・ユールとデンマークの日用品デザイン」

-ARCHITECTMADEのプロダクトから-

FINN JUHL AND DANISH DESIGN -Classics from ARCHITECTMADE-

会期  :2022年7月23日(土)~10月9日(日) 11:00-19:00

店休日 :営業日カレンダーはHPでご確認ください。

(詳細は展覧会公式サイトをご参照ください。

また会期が延長となる可能性があります。)

観覧料 :無料

主催  :株式会社designshop

後援  :デンマーク王国大使館

協力  :アイ・ネクストジーイー株式会社、株式会社大泉物産、

ジェーエストレーディング株式会社、有限会社庄司林業、

株式会社ジョージジェンセンジャパン、

スカンジナビアンリビング、株式会社スキャンデックス、

株式会社ロイヤルファニチャーコレクション(敬称略、五十音順)

展覧会公式サイト: https://www.designshop-jp.com/finnjuhl

【同時期開催 展覧会情報】

■東京都美術館(台東区)にて、「フィン・ユールとデンマークの椅子」展(7月23日~10月9日)が開催されます。ぜひ、あわせてご報道ください。

https://www.tobikan.jp/media/pdf/2022/finnjuhl_pr3.pdf

■東京都現代美術館(江東区)にて、「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」(7月16日~10月16日)が開催されます。ぜひ、あわせてご報道ください。

https://www.mot-art-museum.jp/images/pr_JeanProuve_JP.pdf

記事提供:@Press

新着情報